実は猫に危険な場所は室内にたくさんあるから気を付けて

室内外の猫には外敵も現れないので安心です。
外敵もいない
雨風に晒されることもない
毎日きちんと餌をくれる
市うt内外の猫に危険なんてありえない!
そう考える方も多いでしょう。
しかし、一般の家庭の室内でも猫にとっては危険な場所がたくさんあるのです。
猫の身体の大きさは人間でいえば赤ちゃんくらいなものです。
それなのに高いジャンプ力や俊敏性聞などちょっと目を離せば家庭の室内のどんなところにでも動きあm割っています。
ところが猫の宿命的に「しつけ」の難しさがありあmす。
犬と違って猫は自分の気持ちに忠実で決して人間の言いなりにはなりません・
「そこに行っちゃだめ!!]
「あそこに近づいちゃダメ!!」
「あそこに登っちゃダメ!」
そんな飼い主のいうことなんて猫は守ってはくれません。
だからこそ飼い主が気を付けなくてはいけないのです。

■ キッチンのシンクまわり
蛇口から漏れる水を飲むのが習慣になっている猫もいます。
洗剤などで足を滑らせてしまった時に、近くに包丁やナイフはありませんか?

■ 洗面所あmわり
シンクに入って水を舐めたり、洗濯中の洗濯機の上に登ってグルグル回っている衣類に興味をsh次目したりしていませんか?
特に洗濯機の中の落下事故も少なくありません。

■ キッチンのコンロまわり
ガス台に登ってウロウロしていませんか?
点火中に気づかず尻尾の先を焦がしてしまう猫もいます。
特にIHの電磁式のコンロは気を付けてください。

■ 収納庫や押し入れ
猫が好んで入る場所に収納庫や押し入れの中があります。
猫が隠れていることに気づかず、閉じ込めたりしてしまうことがありあmす。

■ お風呂・浴室
湯船にお湯を入れたままで蓋がやズレていた理りしていませんか?
冬場は特に暖かいので湯船の上の蓋の上で昼寝する猫もいます。
子猫などは落ちるとおぼれて資亜夢ことも多いです。

■ 袋や箱
猫はいろんなところに潜り込むことが大好きです。
「こんなところに?」
と驚く買主も少なくありません。
袋や箱
なにげなく踏んづけたり、驚くことにそのままゴミとして出して資亜夢飼い主もいるくらいです。
にゃんがーどの口コミ|クソ高い値段の価値は本当にあるのか?

ベトナム雑貨はまるで工芸品!ビーズや刺繍をふんだんにあしらったグッズの魅力

みなさんはベトナムといえば、何を思い出しますか?美しい民族衣装のアオザイ、美味しいベトナム料理、ハロン湾や遺跡の世界遺産、バイクの群れ…ベトナム名物にはいろいろありますが、忘れてはならないのがハンドメイドのベトナム雑貨。

ベトナムの女性は手先が器用なのか、刺繍やビーズ細工が圧巻で、ベトナム製のバッグや服などにほどこされています。

図案は、古典的な花や鳥から、ベトナムサンダルを履いた足など現代的でユニークなものまで千差万別。エレガントなファッションだけではなく、デニムやパンツスタイルに似合うものまでいろいろ見つかります。

もちろん、ベトナムの民族衣装のアオザイにも手の込んだビーズ刺繍細工がほどこされています。

そういえば、ベトナムのアオザイは日本の着物にどこか似てますよね。そのためなのか、刺繍やビーズがほどこされたベトナムのバッグはカジュアルな日本の着物にもよく似合います。

ベトナムバッグの素材は、シルクが中心で、コットンやベロア、デニムもあります。

面白いのが、シルクもデニムもそれほど値段が変わらないところなのです。ベトナムの雑貨は日本の3分の1程度のリーズナブルなお値段で手に入りますので、日本からの女性旅行者はついつい買い過ぎてしまいます。

ベトナム雑貨以外のお土産では、コーヒーも有名。あまり知られていませんが、ベトナムはブラジルに次ぐ世界第二位の生産、輸出国。

日本ではおもに缶コーヒーに使われています。現地のスーパーマーケットや市場で簡単に手に入りますよ。

ベトナム版ブルーマウンテンやジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)が驚きの安さで購入できます。

ちなみにコピ・ルアクとは、ジャコウネコという動物にコーヒー豆を食べさせ、その糞から抽出したコーヒーです。

もちろん汚いものではありませんが、他人のお土産にする場合は注意しましょう。

それから、市場でコーヒー屋さんだと言って声をかけてくる人にはついて行かないように。高いコーヒーを買わされちゃいますよ。

オススメサイト↓

ささみりん サロン