夫の稼ぎの少なさをボヤく前に妻も自分を見直してみる

夫たるもの、家庭を守るために外にうでて戦うもの
家族を食わせっるために死に物狂いになって稼いでくるもの
そんな幻想はもう捨てましょう。
今は男性も女性も同じです。
確かにまだまだ女性が外にでて働くことにはたくさんの障害もあるのも現実です。
しかし、そんな状況でも男性以上にバリバリ働いて稼いでいる女性も多いのです。

私は夫婦はパートナーだと思っています。
それはお互いに持つ欠点を補い合わなければならないと考えているからです。
妻がただ「女性だから」ということで夫に頼り切ってしまうのは今の時代にはあっていない気がします。

10年20年家庭に閉じこもっていたあなたは社会の現実を知らない

バブルが始めてから大きくに鵜本も変わりました。
潰れるなんて考えられなかった大会社も倒産する時代です。
リストラという言葉ももう当たり前に使われるようになってきました。

あなたが今の旦那に惚れたのは?

今の旦那さんのどこがよくて結婚されましたか?
背が高い?
スポーツマン?
顔が好み?
優しいから?

しかし、それも最初のうちだけですよね。

いま、もしあなたが結婚相手を選び直せるとしたら最重要優先事項は結局は「経済力」ではないでしょうか。

他のママ友の旦那よりも稼ぎが少ない?

とかくママ友の会話では見栄の張り合いが多く、現実の話よりも盛って自慢をしたくンばるものです。
それを真に受けて比べられる旦那にとってはたまったものではありません。

稼いでいる夫には素敵な妻がいることが多い

私も稼いでいるビジネスマンをたくさん知っていて、その奥様とも会う機会が多いです。
たいていは「すてきな奥さんだなぁ」
と思うことが少なくありません。

それに比べて、うだつの上がらないダメリーマンの奥さんはそれなりのかたばかりです。
割れ鍋にとじ蓋
そんなご夫婦が多いのです。

旦那の稼ぎが少ないとぼやく前に、自分自身も妻は見直してみませんか?
もしあなたにふさわしくない夫ならさっさと離婚すればいいですが、たいていは妻自身にも問題が多いことも知っておいてください。

離婚 住宅ローン 折半

実は猫に危険な場所は室内にたくさんあるから気を付けて

室内外の猫には外敵も現れないので安心です。
外敵もいない
雨風に晒されることもない
毎日きちんと餌をくれる
市うt内外の猫に危険なんてありえない!
そう考える方も多いでしょう。
しかし、一般の家庭の室内でも猫にとっては危険な場所がたくさんあるのです。
猫の身体の大きさは人間でいえば赤ちゃんくらいなものです。
それなのに高いジャンプ力や俊敏性聞などちょっと目を離せば家庭の室内のどんなところにでも動きあm割っています。
ところが猫の宿命的に「しつけ」の難しさがありあmす。
犬と違って猫は自分の気持ちに忠実で決して人間の言いなりにはなりません・
「そこに行っちゃだめ!!]
「あそこに近づいちゃダメ!!」
「あそこに登っちゃダメ!」
そんな飼い主のいうことなんて猫は守ってはくれません。
だからこそ飼い主が気を付けなくてはいけないのです。

■ キッチンのシンクまわり
蛇口から漏れる水を飲むのが習慣になっている猫もいます。
洗剤などで足を滑らせてしまった時に、近くに包丁やナイフはありませんか?

■ 洗面所あmわり
シンクに入って水を舐めたり、洗濯中の洗濯機の上に登ってグルグル回っている衣類に興味をsh次目したりしていませんか?
特に洗濯機の中の落下事故も少なくありません。

■ キッチンのコンロまわり
ガス台に登ってウロウロしていませんか?
点火中に気づかず尻尾の先を焦がしてしまう猫もいます。
特にIHの電磁式のコンロは気を付けてください。

■ 収納庫や押し入れ
猫が好んで入る場所に収納庫や押し入れの中があります。
猫が隠れていることに気づかず、閉じ込めたりしてしまうことがありあmす。

■ お風呂・浴室
湯船にお湯を入れたままで蓋がやズレていた理りしていませんか?
冬場は特に暖かいので湯船の上の蓋の上で昼寝する猫もいます。
子猫などは落ちるとおぼれて資亜夢ことも多いです。

■ 袋や箱
猫はいろんなところに潜り込むことが大好きです。
「こんなところに?」
と驚く買主も少なくありません。
袋や箱
なにげなく踏んづけたり、驚くことにそのままゴミとして出して資亜夢飼い主もいるくらいです。

猫 死んだら 天国 埋める