婚活するなら、冷静に自己分析を!

京都市内に住む会社員です。婚活は40歳を少し過ぎたころ行いました。それまで彼女がいなかったわけではありませんが、結婚への踏ん切りがつかず結婚

願望のあった彼女とも別れた経験もあります。このまま生涯独身でも良いかと思い始めていましたが、今ならまだ子育てもできるし経済的にも多少落ちいて

きたので一念発起婚活を行いました。職場などの飲み会にも積極的に参加しましたが、こちらに結婚願望はあっても良いと思う方には彼氏が居たり結婚願望

がなかったり。であればと、結婚相談所に登録する事3か所。それまで自分自身を改めて振り返ったことなどありませんでしたが、自分の真なる想いをかな

えるために何のために?どんな結婚生活を送りたいか?親の面倒はどうする?など相談員の方から問われるままに自己分析を始めました。結果的に、この自

己分析があったからこそ幸せな結婚生活を迎えることが出来たのだろうと思っています。もちろん女性も結婚相談所にきている限り、相手にも結婚願望はあ

り積極的にさえなれば結婚に至る確率は高いのですが、ただ結婚式を挙げるだけでは意味がないと感じています。結婚相談所には前述の通り3か所登録しま

した。最大手と言われるところ、中堅どころ、そして半ば個人がやっているような相談所です。結果だけからすれば、中堅どころの結婚相談所が一番しっく

りきたように感じます。まず、個人がやっているような相談所は親切ではあるものの、いかんせん紹介者数が少なすぎました。逆に最大手と言われるところ

は、お相手の数は沢山おられましたが何となくベルトコンベヤーに乗せられているようであまり親身になってくれているとは思えませんでした。あとは、相

談員との相性の問題だと思います。まずこれがうまくマッチしなければ、いつまでたっても堂々巡りでなかなか希望する方に巡り会うことはできません。私

も、2度相談員の方に交代をお願いしました。もし今婚活を行うかどうか悩んでおられる方がいらっしゃるようなら、一日も早く行動を起されるべきだと思

います。当たり前ですが、来年になると1歳年を重ねます。年齢を重ねれば女性だけではなく男性もまた可能性が少しずつ低くなると思います。

サブスク婚活 料金