いろいろとアレンジして食べるのも好き

私は果物が好きでなかでもりんごが好きです。そのまま食べてもとてもおいしいのですが、いろいろとアレンジして食べるのも好きです。例えばりんごジャム。そのままでは食べきるのが難しい時など、よく作っていました。手作りなので、好きな甘さにして作れるのが楽しかったです。リンゴを皮をむいてできるだけ薄く細かく切って、鍋に入れます。そこに好きな量のお砂糖をいれて、火にかけます。すると少しずつ熱が入ってりんごの角がとれてりんごがとろけていきます。そのまま火を弱めて焦げ付かないように木べらでかき混ぜます。どんどんりんごの形がなくなっていって、お店で見かけるようなジャムに変わっていきます。そうしたら火を止めて、粗熱を冷ましていきます。粗熱がとれたら、あらかじめ煮沸消毒しておいたフタつきのビンにジャムを入れていきます。冷蔵庫に入れ、一晩(約8時間)おいたらりんごジャムの出来上がりです。
市販のジャムよりも甘さを控えめにして作っているため、一緒に住んでいる両親からはとても好評で、3日としないうちに無くなってしまいます。
りんごの話でもう一つ。私はりんごの皮をむくときは、こだわりがあって、それは「皮むき器を使わず、ナイフだけで皮をひとつなぎにしてむく」ということです。他人から見ればどうでもいいことなのですが、私は昔からどうしてもりんごの皮は絶対にナイフでしかも皮を切らずに繋いだままでむきたい!という願望があり、ずっとナイフで皮をむいています。ですが、一度もきれいにひとつなぎで皮をむけたことがありません。以前、母親にきいた方法で「りんご自体を回しながらむくとうまくいく」というのがあり、一度チャレンジしたのですが、どうしても途中で皮が切れてしまい。うまくいきませんでした。それでも私はいつかはナイフだけできれいにひとつなぎの状態でりんごの皮をむいてみたいと思っています。ちょうどりんごが旬を迎えているので、できるだけたくさんりんごを買って、できるまでチャレンジしてみたいです。もちろん、チャレンジに使ったりんごは、ジャムにしておいしく食べたいと思います。

青森りんご 格安