介護|身体の移動のお世話

長い間寝たきりだと、身体の筋肉や関節のあちこちが固まってしまうことがあります。
そうなってしまうと、いざ身体を動かそうと思っても動きません。
簡単な動作でも痛くて動かせなくなるのです。
また急に起き上がった時に目まいがしたりして転んでしまったりするおそれまおあります。
そんあことから「お気軽yのが怖い」というお年寄りもいるのです。

このきっかけになるのが長期間の入院です。
脳梗塞など長期の入院をした場合、一気にん多紀理になってしまうという流れになてしまうのです。
安静第一と身体を動かさないでいると高齢者の金良くはすぐに衰えますし、』間接もすぐに硬く固まってしまいます。
だからこそ寝たきりにならないように
起き上がる
立つ
歩く
などできるかぎり以前の元気な生活に戻れるように移動のお世話をするようにしましょう。

高齢者自身瘀移動能力が高まれば、歩けるようになります。
また、歩けなくても車椅子で散歩をしたりと自分自身の克慮kぅがみなぎってきます。

しかし、それには時間がかかることも少なくありません。
あせらず一歩一歩ずつ進めていかなければいけません。
思うように動いてくれないからといて介護する人が焦ったり落胆してはいけないのです。
そしないと高齢者のほうが
「どうせよくならないんだから」
と諦めてしまいがちだからです。・
移動のお世話は時間も労力もかかる根気強いお手伝いになります。
一気に高い目標をかかげず
「今日は椅子に座ってテレビを観てみましょうか?」
「ちょっとお庭にでてみましょうか?」
など小さな目標を積み重ねていきましょう。

移動の推せ兄はそれを手伝う人も気を付けなければいけません。
不自然な姿勢で移動の介助を行うと、介助されるお年寄りも疲れますし、自己にもなりかねません。
①相手のペースに合わせて、高齢者瘀「動こう」という力を利用する
②動かす時はいきなり動かさないで「1,2,3」など掛け声をかけてあげましょう。

その日のお年寄りの機嫌や気分を察してあせらず誘導してあげましょう・
認知症 GPS キーホルダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です