病院で治さないといけないワキガもある

ワキガのニオイレベルにもいろいろあります。
これは遺伝などの体質の問題も大きく影響しています。
ワキガのニオイレベルが軽い場合には、様々なケアで対応できます。
腋毛をこまめに反ったり脱毛したりするのも有効です。
こまめに脇の汗をデオドランドシートで拭きといるようにするだけでもかなりわきがのニオイは軽減されます。
しかし多汗症とワキガを併発している場合には病院で治療も考える必要があります。
ワキガの治療とはポツリヌトシンというポツリヌス菌の軽い毒素を脇に注入する方法が一般的です。
これで脇の発汗を促す指令を出す伝達物質の分泌を抑える治療法です。

他には脇の毛穴に電気針を刺してアポクリン腺と皮脂腺を破壊(脱毛もできる)という治療法もあります。

これらの治療法は比較的簡単です。

しかし、かなりの重度のワキガにはわきの下を切開して
アポクリン腺を取り除く手術
わきの下に小さな穴を開け、そこからアポクリン腺や皮脂腺をかき出しながら吸い取る手術
レーザーや電磁波などで毛根部分に直接照射してアポクリン腺やエクリン腺を燃焼させる治療法
などがあります。
これらは美容外科や皮膚科で行ってくれます。

誤解して欲しくないのは「わきがは病気」だということなんです。
遺伝的に人よりもアポクリン腺の量が多かったり、多汗症という病気のひとつですから、治療すれば治るものなんです。

治療によっては高額のものや入院も必要否場合もあります。
自分のわきがのニオイのレベルと相談しながら検討してください。

ずっとワキガで悩み続けるか?
それとも思い切って
病院での治療を溜めすか?
大きな決断ですが、長年わきがに悩まされ続けてきた女性にとってワキガのニオイから解放されることは大きなメリットでもあります。
ワキガのせいで異性と付き合えないというおkンプレックスを抱えた女子絵も少なくないのです。
だからこそ
ワキガは病気
と考えて治療という選択肢も入れてください。
イビサソープ 使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です