介護|身体の移動のお世話

長い間寝たきりだと、身体の筋肉や関節のあちこちが固まってしまうことがあります。
そうなってしまうと、いざ身体を動かそうと思っても動きません。
簡単な動作でも痛くて動かせなくなるのです。
また急に起き上がった時に目まいがしたりして転んでしまったりするおそれまおあります。
そんあことから「お気軽yのが怖い」というお年寄りもいるのです。

このきっかけになるのが長期間の入院です。
脳梗塞など長期の入院をした場合、一気にん多紀理になってしまうという流れになてしまうのです。
安静第一と身体を動かさないでいると高齢者の金良くはすぐに衰えますし、』間接もすぐに硬く固まってしまいます。
だからこそ寝たきりにならないように
起き上がる
立つ
歩く
などできるかぎり以前の元気な生活に戻れるように移動のお世話をするようにしましょう。

高齢者自身瘀移動能力が高まれば、歩けるようになります。
また、歩けなくても車椅子で散歩をしたりと自分自身の克慮kぅがみなぎってきます。

しかし、それには時間がかかることも少なくありません。
あせらず一歩一歩ずつ進めていかなければいけません。
思うように動いてくれないからといて介護する人が焦ったり落胆してはいけないのです。
そしないと高齢者のほうが
「どうせよくならないんだから」
と諦めてしまいがちだからです。・
移動のお世話は時間も労力もかかる根気強いお手伝いになります。
一気に高い目標をかかげず
「今日は椅子に座ってテレビを観てみましょうか?」
「ちょっとお庭にでてみましょうか?」
など小さな目標を積み重ねていきましょう。

移動の推せ兄はそれを手伝う人も気を付けなければいけません。
不自然な姿勢で移動の介助を行うと、介助されるお年寄りも疲れますし、自己にもなりかねません。
①相手のペースに合わせて、高齢者瘀「動こう」という力を利用する
②動かす時はいきなり動かさないで「1,2,3」など掛け声をかけてあげましょう。

その日のお年寄りの機嫌や気分を察してあせらず誘導してあげましょう・
認知症 GPS キーホルダー

病院で治さないといけないワキガもある

ワキガのニオイレベルにもいろいろあります。
これは遺伝などの体質の問題も大きく影響しています。
ワキガのニオイレベルが軽い場合には、様々なケアで対応できます。
腋毛をこまめに反ったり脱毛したりするのも有効です。
こまめに脇の汗をデオドランドシートで拭きといるようにするだけでもかなりわきがのニオイは軽減されます。
しかし多汗症とワキガを併発している場合には病院で治療も考える必要があります。
ワキガの治療とはポツリヌトシンというポツリヌス菌の軽い毒素を脇に注入する方法が一般的です。
これで脇の発汗を促す指令を出す伝達物質の分泌を抑える治療法です。

他には脇の毛穴に電気針を刺してアポクリン腺と皮脂腺を破壊(脱毛もできる)という治療法もあります。

これらの治療法は比較的簡単です。

しかし、かなりの重度のワキガにはわきの下を切開して
アポクリン腺を取り除く手術
わきの下に小さな穴を開け、そこからアポクリン腺や皮脂腺をかき出しながら吸い取る手術
レーザーや電磁波などで毛根部分に直接照射してアポクリン腺やエクリン腺を燃焼させる治療法
などがあります。
これらは美容外科や皮膚科で行ってくれます。

誤解して欲しくないのは「わきがは病気」だということなんです。
遺伝的に人よりもアポクリン腺の量が多かったり、多汗症という病気のひとつですから、治療すれば治るものなんです。

治療によっては高額のものや入院も必要否場合もあります。
自分のわきがのニオイのレベルと相談しながら検討してください。

ずっとワキガで悩み続けるか?
それとも思い切って
病院での治療を溜めすか?
大きな決断ですが、長年わきがに悩まされ続けてきた女性にとってワキガのニオイから解放されることは大きなメリットでもあります。
ワキガのせいで異性と付き合えないというおkンプレックスを抱えた女子絵も少なくないのです。
だからこそ
ワキガは病気
と考えて治療という選択肢も入れてください。
イビサソープ 使い方