クリーニングで洗いにくい衣類を洗う極意

衣類を綺麗に洗うにはやはりクリーニングに出すのが一番ですが、意外とクリーニングに出しにくい場合もあります。

たとえばドライクリーニングでは醤油のシミなど水溶性の汚れは落ちにくいものです。
衣類の素材がウールでも、こうした汚れの場合はクリーニングより家庭で洗ったほうがよく落とせます。
ウールを家庭で洗う場合の注意点は、30度前後のお湯で洗うことです。
お湯の中に中性洗剤をと下肢、たたんだ衣類を優しく押し洗いします。
浸す時間が長いと衣類にダメージを与えるために浸す時間はできるだけ短くするようにしましょう。
手早くささっと洗うだけでも驚くほどシミなどの汚れは落ちているはずです。
酷い予後入れの場合は、洗剤液を汚れの部分に直接付けてブラシなどで叩いて落すのも進めです。
すすぎが優しく押しすすぎを3回程度で十分です。
30秒ほど軽く脱水機にかけて、後はハンガーに吊るして陰干しすれば綺麗になります。

また汗の汚れも家庭で洗ったほうがよく落ちます。
サマーニットなど夏場に着るおshじゃれぎは汗をたくさん刷ってしまっています。
ドライクリーニングではこんな汗の汚れなど水溶性の汚れは苦手なので。
これも先ほどと同じように、家庭でのぬるま湯に溶かした中性洗剤のほうがよく落ちます。

女性用スカーフもよく汚れやすいものです。
うっかり口紅やファンデーションがついてしまいがちだからです、
そんなファンで0-ションなどお化粧品がついてしまった汚れは
べンジンがよく落ちます。
ただし高級スカーフの素材に多い絹は水で荒いのは避けた方が賢明です。
絹は水にとても弱いのです。
自宅で洗うい場合にはインスタントコーヒーの空きビンなどにスカーフを入れ、そこにベンジンを1/3程度注ぎます。
後は軽くシャカシャカとシェイクしてみてください。
これでたいていの汚れは落ちるはずです。
ただし、スカーフの素材によってはベンジンによって色落ちの可能性もありますからご注意ください。
カナダグース 白化 修復 自分で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です