ゴミ屋敷の片付けでどうしても捨てられない物が出てきたら?

ゴミ屋敷の片付けは捨てることから始まる!
それはわかっていても、どうしても捨てられない物ってたくさん出てくるものです。
そんなゴミ屋敷の片付けで捨てられない物がたくさん出てきた場合はどうすればいいのでしょうか?
そんな場合はまず気g編を決めて「保留」扱いにすることをおすすめします。
無理やりすてることは精神的にもよくありません。
ひょっとしたそれでせっかくのゴミ屋敷を片付けるモチベーションが少しで下がってしまうことの方が心配です。
どうしても捨てられない物
それらを
・半年後
・1年後
など期限を決めて再びジャッジをすると心に決めて、どこかに保管しておきましょう。
できればその決意をゆるぎないものにするために、箱に入れた段ボールに大きくまじく出
「◎月◎日 再ジャッジして捨てるか捨てないか決める」
と大きく書いておいて欲しいくらいです。

例えば
「子の漫画や雑誌、また読みたくなるかもしれない」
そう思って保留にしておいおたのに結局1年後もダンボる箱から1度も出さなかった。
そんなことは日常茶飯事のことです。
また値段が高かった化粧品
長いこと使用しないでいると中身も固まって使えなくなっているはずです。
期限が来たら再び「捨てる」「捨てない」のジャッジをして処分するものは捨てましょう。

それでも、捨てられない物が出てきたら?
そんな場合はもう一度「保留」扱いで再びさらに期限を定めて再ジャッジするまで保管しておけばいいのです。
大事なのは定期的に「いる物か?」「いらない物か?」を見直す機会を作ることなんです。

「いる」「いらない」は実は自分自身にとってなに尾が大切なものなのか?をp再確認する機会でもあります。
モノを漠然と溜め込んでいる時には決して気づかないことが、その時に再認識できるのです。
意外と時間が経てば、自分の中の「いる物」「いらない物」の価値観が大きく変わっていることに驚くことでしょう。
青の時はあれほど大事だと思っていたのに
今から考えれば
「なんでこんな物 あの時は後生大事に宇とっておいたんだろう」
とあきれるはずです。
ゴミ屋敷 脱出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です