出来る薬剤師の話し方・立ち振る舞い・ファッションとは

薬剤師の仕事で話し方・立ち振る舞い・ファッションは関係してくるのか?
そう聞かれれば少なからずあると思います。
男性客はもちろん綺麗な女性は大好きです。
そんなきれいな女性に食ってかかるようなクレームも言わないでしょう。
また女性客からしても、素敵な女性の薬剤足ならば服薬指導などにそ説得力が増します。

ここでいうのは
「必ずしも美人である」
ということではありません。
そのあたりは誤解しないでください。

出来る薬剤師の話し方・立ち振る舞い・ファッションとは容姿に関わるいことだけではないのです。
特に顔の目鼻だとが美しいわけではないのに「素敵な薬剤師」さんでたくさんいます。
そんな薬剤師さんほど仕事ができるように思います。
それはずばい「愛想」です。
今の薬剤師の仕事って、単に処方した薬を渡すだけでないのhがあなたもご存知のはず。
服薬指導など患者さんとのコミュニケーションがとても重要視されています。
ここに薬剤師の話し方・立ち振る舞い・ファッションがとても影響してくるのです。

恋をしたら女性はきれいになるように、気持ちの持ち方で薬剤師も柄と変わります。
よく観ると美人なのに話し方・立ち振る舞い・ファッションでなぜか「イラッ!」としてしまう薬剤師さんて意外とたくさんいます。
そんな薬剤師がなにか少しでもミスをしたらつい「ちょっと、これどうなってるんですか!」(怒)とクレームもきつく言いたくなります。

でも、それが素敵な薬剤師さんなら
「あのぉ・・・」
と患者さんの方が丁寧に聞いてきて、大きなクレームにならないものです。・

これが「クレームの少ない薬剤師」=「できる薬剤師」という図式になります。

確かに話し方・立ち振る舞い・ファッションは言い換えれば「きれい」ともいえます。、
でも、これって美人じゃないのです。
完璧な美人なんかよりも、少々お顔にしみやしわやたるみがあっても綺麗な人はたくさんいます。
あなたの薬局でも
「美人じゃないのに患者さんから人気のある薬剤師」っていらっしゃるはずです。
綺麗で人気の薬剤師
それはあなたの話し方・立ち振る舞い・ファッションで作り上げることができることをしておいてくださいね。
薬剤師 ブランク 勉強方法