布団の洗濯

1人暮らしの時、布団の洗濯をした記憶がない…。
今思えば、恐ろしい。
ずっと畳の上で敷きっぱなしの布団でした。
車があるわけでもなく、どうやってコインランドリーまでもっていけばいいのか分からず。そもそも布団を洗濯する事など頭に無かった。
今の様にネット注文すると、取りに来てくれて洗濯して届けてくれるシステムなど整備されていなかったのでそのままでした。

在宅介護の仕事をしている今、利用者さんの中には一人暮らしや老夫婦だけで車も乗らない方も多く居らっしゃいます。お伺いした時に布団の清潔感をどうしても見てしまい少し気になる方にはこんなシステムがありますよ!と余計なおせっかいではありますがおススメしています。

布団を干すことが出来る元気な利用者さんは良いですが寝たきりや外出がままならない方などはどうしても布団はそのままになってしまいます。そこで一度試してもらった利用者さんはとても気に入ってくれてます。
私にはまったくマージンなど入りませんが笑

やはり、干しただけの布団などは見違えるような布団になって帰ってきたそうで寝ることが楽しみになったそうです。

利用者さんを見ていると残された時間をのんびりと幸せに過ごすためにはおいしいご飯を食べれる事と、ゆっくりと眠れる環境が老後の穏やかな時間だと気ずかされます。

子育てしている時も大きい布団をもって子供連れてクリーニング屋さんまで行くには無理があったのである程度使うと、買い替えていたように思います。買い替えると古い布団を引き取ってもらってました。そんなことを考えるとネットで洗濯依頼すると専用な袋が送られてきて集荷をお願いしてクリーニング完了するとまた届けてくれるシステムがその当時にあれば絶対お願いしてたなあと思います。

お年寄りや赤ちゃんはお肌が弱いので長い時間過ごす布団は清潔に保ちたいですよね。

この間の母の誕生日には布団のクリーニング依頼を遠隔操作でしました。母も足が悪く布団なんて持ち歩くことが出来ないので説明して今年のプレゼントは布団クリーニングにしました。

とても喜んでくれました。これからも無償で勝手に布団クリーニングを推進していこうと思います。クリーニングモンスター 送料 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です