親に嫌な顔をされても生前整理をすすめる理由

親に嫌な顔をされても生前整理をすすめる理由
それにはこの3つがあります。
①親が亡くなったなら、その思い出と主に実家にあるものは子供のものになる。
②子供のも二になってからでは整理は余計に大変である。
③生前整理は親のためではなく子供のためであることを理解してもらうことが大事
親が亡くなった
悲しさ
寂しさ
に加えて実家の片付けや遺品整理はとても大変なんです。

親の家の片付けを子供が言い出したら、多くの親は
「そんなの、あたしが死んでからにしておくれ!」
と言い出すことでしょう。
「あたしがし産んだら全部捨てりゃあいいんだよ!」
そんな簡単に言うことでしょう。
まあ、すべてが本気かどうかもわかりあmせんし、どこまでが冗談なのかもわかりません。

でも、親が亡くなってから子供たちがする遺品整理や実家の片付けがどれだけ大変なことか?
故r手ばかりは経験してみないと分かりません。
そもそも親の家に
なにが?
どれだけ?
どこに?
あるのかさえも子供はわかりません。
さらに言えば親自身もわからないのです。
よくあるのが
「こんな小さく狭い実家によくまあこれだけの荷物があったなんて・・・」
これは遺品整理で片付け業者の処分sる恵右荷物のトラックを見てみなさん驚かれます。
2トントラック1台で終わるような実家の片付けなんて少ないです。
たいていは何台ものトラックに山積みされていく実家のがガラクタが積まれていきます。

また親の物を処分する子供の気持ちになってみれば、
「よくこの服を着ていたなぁ・・・」
「この茶碗でご飯を食べてたなぁ・・・」
親が亡くなった途端に、今まで何気なく使っていたもので思い出が宿っていきます。

価値のあるものだけでも教えてもらっておくこも大事です。
価値あるものをガラクタと一緒に捨ててしまっては親も子供も不幸なことです。
着物
骨董品
美術品
ブランド時計
指輪などの貴金属や宝石類

保証書や箱なども含めて
「いっしょにあると価値が高くなる」
ことも説明して親から予め説明を受けておくこともお勧めします。
介護職員初任者研修 どこがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です