子供を褒めるタイミングを逃さないで

子供にとって、褒められてうれしいと感じる時に褒めることが大切でwす。
「先月のテスト、よかったらしいな、よくがんばった」
先月のテストのことを褒められても子供に実感はわきません。
「鉄は熱いうちに打て」
これはよく言われる諺ですが、
子供が成果を上げた時にすかさずほpめることが褒め上手な親になるポイントです。
そして褒める時には大袈裟に誉めて下てください。
父親の場合は少し照れくさいと感じるかもしれませんが、そんなテレは捨てて素直に子供をほめたたえてあげましょう。
そのためには、日頃から子供の細かい表情や仕草も見逃さないようにしておきましょう。
子供が
「ホp目て欲しい」
というシグナルを逃してはいけないのです。

子供が褒めて欲し仕草やシグナルを感じ取ったらすぐに先手を取って褒めてあげましょう。
子供の長所や進歩や成果
それらを認めてあげて褒めることも大切ですが
誉めるだけではなく、ともに親も子供もその喜びを共有することも大切です。
親も子供もその喜びを共有することでお互いの心理的な距離が縮まります。
そのためにも相手が褒められることを期待する前に褒めてあげる先手必勝がキーポイントです。
子供が成果を上げた時は自画自賛の気持ちから自慢話を親にしたくなるものですが、そんな時こそ先回りしてのほうから子供を褒めてあげましょう。

でも、ただ褒めてあげればいいわけではありません。
本当に心を込めて褒めないといけないのです。
言葉だけ褒めても子供はすぐに見破ります。
ただ
「がんばった」
「よくやった」
そんな美辞麗句だけ並べても子供には伝わりまっせん。
むしろ飾らない言葉や素直な言葉のほうがきっと子供に初いたわるものです。
そんな言葉に気持ちを載せたほうがきっと心が伝わります。
ホントに子供を心から褒めてあげる
ほめたたえるい
自分の子供であってくれたことを本当に感謝するくらいの気持ちを込めて星野です。
褒めてあげれば、きっともっともっと子供も親から褒められたい!
そう思うことになるからです。
ソラノメ 精度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です