これまでの成功体験、一度捨ててみませんか?

誰でもいとどうまく成功した経験が忘れられないものです。
ですから、なんでもかんでも無理やりそれに当てはめようとしてしまいがちです。
いつまでもその成功体験にしがみつき、新しやり方や考え方を拒絶していませんか?
時代は常に変化していて、常に新しいやり方や手法が生み出されては廃れてい切っています。
いつまでも同じ手法にしがみついていては時代に取り残されていってしまうのです。

誰でも最初は素直な発想でいろんなやり方やアドバイスを受け入れていきます。
その成長過程でさまざまな経験を積んでいきます。
そして徐々に上達していくことでしょう。
さまざまな背う呼応体験を経験して確固たる自信に満ち溢れていくことでしょう。
しかし、そんなうまくいく時期はそう長い期間は続きません。
必ずどこかで壁にぶち当たります。
「なんで?」
「どうして?」
と以前ほどうまくいかないことに悩むことでしょう。
しかもライバルたちがうまくいっていることは知ってはいても、どうしても自分流を捨てきれないものです。

「このままじゃいけない」
限界まで悩み苦しんだのなら、潔く過去の成功体験を捨てましょう。
これにはかなりの勇気も必要ですが、変化をするためには必要なことです。
どこまでも
・進化
・進歩
・成長
していくには
いつか思い切った決断に迫られる時がやってきます。
その「現実」を直視hして恐れず立つ向かう覚悟をしておきましょう。

今までの成功体験を捨てる
これはあなたがさらに大きな成長する時期でもあります。
こんな変化の激しい現代社会で
常に変化し続けることが生き残っていくには必須のことなんです。
あの有名なホンダの創業者の本田宗一郎さんもこう語っています。
「人生にはなにひとつムダなものはない」
いつでも辛い試練に立ち向かっていき
常に新しいことにチャレンジしていくことにひるんではいけません。
とかく新しいことに挑戦するにあたって
「もう歳だから」
と言い訳してしまいがちですがそれはただの言い訳でしかありません。
ささみサロン

子供を褒めるタイミングを逃さないで

子供にとって、褒められてうれしいと感じる時に褒めることが大切でwす。
「先月のテスト、よかったらしいな、よくがんばった」
先月のテストのことを褒められても子供に実感はわきません。
「鉄は熱いうちに打て」
これはよく言われる諺ですが、
子供が成果を上げた時にすかさずほpめることが褒め上手な親になるポイントです。
そして褒める時には大袈裟に誉めて下てください。
父親の場合は少し照れくさいと感じるかもしれませんが、そんなテレは捨てて素直に子供をほめたたえてあげましょう。
そのためには、日頃から子供の細かい表情や仕草も見逃さないようにしておきましょう。
子供が
「ホp目て欲しい」
というシグナルを逃してはいけないのです。

子供が褒めて欲し仕草やシグナルを感じ取ったらすぐに先手を取って褒めてあげましょう。
子供の長所や進歩や成果
それらを認めてあげて褒めることも大切ですが
誉めるだけではなく、ともに親も子供もその喜びを共有することも大切です。
親も子供もその喜びを共有することでお互いの心理的な距離が縮まります。
そのためにも相手が褒められることを期待する前に褒めてあげる先手必勝がキーポイントです。
子供が成果を上げた時は自画自賛の気持ちから自慢話を親にしたくなるものですが、そんな時こそ先回りしてのほうから子供を褒めてあげましょう。

でも、ただ褒めてあげればいいわけではありません。
本当に心を込めて褒めないといけないのです。
言葉だけ褒めても子供はすぐに見破ります。
ただ
「がんばった」
「よくやった」
そんな美辞麗句だけ並べても子供には伝わりまっせん。
むしろ飾らない言葉や素直な言葉のほうがきっと子供に初いたわるものです。
そんな言葉に気持ちを載せたほうがきっと心が伝わります。
ホントに子供を心から褒めてあげる
ほめたたえるい
自分の子供であってくれたことを本当に感謝するくらいの気持ちを込めて星野です。
褒めてあげれば、きっともっともっと子供も親から褒められたい!
そう思うことになるからです。
ソラノメ 精度