差押や競売ってどんな流れか知ってます?

借金が返済できずにいると担保に入れていた財産は差し押さえられて競売にかけられて債権者にそのお金が支払われます。
このことはみんな誰でも知っていることなのですが、細かい流れまでは知らない方ばかりだと思います。
今回はこの差押や競売について知っておきましょう。

まず競売は裁判所が勝手に行うものではありません。

債権者が競売の申し立てを行ってはじめて手続きが開始されます。
この債権者が競売の申し立てを行うと、裁判所は申立書を審査し不備が無ければ競売の開始決定をします。
対象となる財産を差押をしあmす。
子jの差し押さえをすると裁判所はその財産の調査を行います。
競売では最も一般的な不動産を例で説明します。
まずは不動産鑑定士ウニその不動産の価値を調べさせます。
特にその不動産に誰が占有しているかなど執行官に確認させます。
その結果をもとに裁判所は物件明細書を作成します。
この物件明細書はその不動産を買受を検討するものが
最低限支払わなければならない金額(売却基準価格)
競売の売却期間
物件概要
などが記載されています。
今は時代が進んでいてこの物件明細書もインターネットで誰でも見れるようになりました。

この物件明細書を参考にして、その物件を買い受けを希望する人たちが入札をします。
その場合、売却基準価格の2割を保証金として裁判所に支払い買受の申し出をします。

入札期日に最も高い価格を脳死出た人がその物件を落札します。
代金の納付によりら落札した人が所有権を取得します。

またこの納付された代金は債権者に配当されます。
複数の債権者がいてその代金ではすべて配当されない子tもあります。
この場合
1番抵当権
2番抵当権
など優先順位がつけられます。

この配当で返済しきれなかった場合、その残りの債権は引き続き債務者に請求されます。
とはいっても、そのほとんは回収できませんが
差押で競売に掛けられたらその借金がチャラになると誤解されている方も多いので困ります。
借金を住宅ローンに組み込む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です