実は猫に危険な場所は室内にたくさんあるから気を付けて

室内外の猫には外敵も現れないので安心です。
外敵もいない
雨風に晒されることもない
毎日きちんと餌をくれる
市うt内外の猫に危険なんてありえない!
そう考える方も多いでしょう。
しかし、一般の家庭の室内でも猫にとっては危険な場所がたくさんあるのです。
猫の身体の大きさは人間でいえば赤ちゃんくらいなものです。
それなのに高いジャンプ力や俊敏性聞などちょっと目を離せば家庭の室内のどんなところにでも動きあm割っています。
ところが猫の宿命的に「しつけ」の難しさがありあmす。
犬と違って猫は自分の気持ちに忠実で決して人間の言いなりにはなりません・
「そこに行っちゃだめ!!]
「あそこに近づいちゃダメ!!」
「あそこに登っちゃダメ!」
そんな飼い主のいうことなんて猫は守ってはくれません。
だからこそ飼い主が気を付けなくてはいけないのです。

■ キッチンのシンクまわり
蛇口から漏れる水を飲むのが習慣になっている猫もいます。
洗剤などで足を滑らせてしまった時に、近くに包丁やナイフはありませんか?

■ 洗面所あmわり
シンクに入って水を舐めたり、洗濯中の洗濯機の上に登ってグルグル回っている衣類に興味をsh次目したりしていませんか?
特に洗濯機の中の落下事故も少なくありません。

■ キッチンのコンロまわり
ガス台に登ってウロウロしていませんか?
点火中に気づかず尻尾の先を焦がしてしまう猫もいます。
特にIHの電磁式のコンロは気を付けてください。

■ 収納庫や押し入れ
猫が好んで入る場所に収納庫や押し入れの中があります。
猫が隠れていることに気づかず、閉じ込めたりしてしまうことがありあmす。

■ お風呂・浴室
湯船にお湯を入れたままで蓋がやズレていた理りしていませんか?
冬場は特に暖かいので湯船の上の蓋の上で昼寝する猫もいます。
子猫などは落ちるとおぼれて資亜夢ことも多いです。

■ 袋や箱
猫はいろんなところに潜り込むことが大好きです。
「こんなところに?」
と驚く買主も少なくありません。
袋や箱
なにげなく踏んづけたり、驚くことにそのままゴミとして出して資亜夢飼い主もいるくらいです。

猫 死んだら 天国 埋める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です