夫の稼ぎの少なさをボヤく前に妻も自分を見直してみる

夫たるもの、家庭を守るために外にうでて戦うもの
家族を食わせっるために死に物狂いになって稼いでくるもの
そんな幻想はもう捨てましょう。
今は男性も女性も同じです。
確かにまだまだ女性が外にでて働くことにはたくさんの障害もあるのも現実です。
しかし、そんな状況でも男性以上にバリバリ働いて稼いでいる女性も多いのです。

私は夫婦はパートナーだと思っています。
それはお互いに持つ欠点を補い合わなければならないと考えているからです。
妻がただ「女性だから」ということで夫に頼り切ってしまうのは今の時代にはあっていない気がします。

10年20年家庭に閉じこもっていたあなたは社会の現実を知らない

バブルが始めてから大きくに鵜本も変わりました。
潰れるなんて考えられなかった大会社も倒産する時代です。
リストラという言葉ももう当たり前に使われるようになってきました。

あなたが今の旦那に惚れたのは?

今の旦那さんのどこがよくて結婚されましたか?
背が高い?
スポーツマン?
顔が好み?
優しいから?

しかし、それも最初のうちだけですよね。

いま、もしあなたが結婚相手を選び直せるとしたら最重要優先事項は結局は「経済力」ではないでしょうか。

他のママ友の旦那よりも稼ぎが少ない?

とかくママ友の会話では見栄の張り合いが多く、現実の話よりも盛って自慢をしたくンばるものです。
それを真に受けて比べられる旦那にとってはたまったものではありません。

稼いでいる夫には素敵な妻がいることが多い

私も稼いでいるビジネスマンをたくさん知っていて、その奥様とも会う機会が多いです。
たいていは「すてきな奥さんだなぁ」
と思うことが少なくありません。

それに比べて、うだつの上がらないダメリーマンの奥さんはそれなりのかたばかりです。
割れ鍋にとじ蓋
そんなご夫婦が多いのです。

旦那の稼ぎが少ないとぼやく前に、自分自身も妻は見直してみませんか?
もしあなたにふさわしくない夫ならさっさと離婚すればいいですが、たいていは妻自身にも問題が多いことも知っておいてください。

離婚 住宅ローン 妻が住む

婚活するなら、冷静に自己分析を!

京都市内に住む会社員です。婚活は40歳を少し過ぎたころ行いました。それまで彼女がいなかったわけではありませんが、結婚への踏ん切りがつかず結婚

願望のあった彼女とも別れた経験もあります。このまま生涯独身でも良いかと思い始めていましたが、今ならまだ子育てもできるし経済的にも多少落ちいて

きたので一念発起婚活を行いました。職場などの飲み会にも積極的に参加しましたが、こちらに結婚願望はあっても良いと思う方には彼氏が居たり結婚願望

がなかったり。であればと、結婚相談所に登録する事3か所。それまで自分自身を改めて振り返ったことなどありませんでしたが、自分の真なる想いをかな

えるために何のために?どんな結婚生活を送りたいか?親の面倒はどうする?など相談員の方から問われるままに自己分析を始めました。結果的に、この自

己分析があったからこそ幸せな結婚生活を迎えることが出来たのだろうと思っています。もちろん女性も結婚相談所にきている限り、相手にも結婚願望はあ

り積極的にさえなれば結婚に至る確率は高いのですが、ただ結婚式を挙げるだけでは意味がないと感じています。結婚相談所には前述の通り3か所登録しま

した。最大手と言われるところ、中堅どころ、そして半ば個人がやっているような相談所です。結果だけからすれば、中堅どころの結婚相談所が一番しっく

りきたように感じます。まず、個人がやっているような相談所は親切ではあるものの、いかんせん紹介者数が少なすぎました。逆に最大手と言われるところ

は、お相手の数は沢山おられましたが何となくベルトコンベヤーに乗せられているようであまり親身になってくれているとは思えませんでした。あとは、相

談員との相性の問題だと思います。まずこれがうまくマッチしなければ、いつまでたっても堂々巡りでなかなか希望する方に巡り会うことはできません。私

も、2度相談員の方に交代をお願いしました。もし今婚活を行うかどうか悩んでおられる方がいらっしゃるようなら、一日も早く行動を起されるべきだと思

います。当たり前ですが、来年になると1歳年を重ねます。年齢を重ねれば女性だけではなく男性もまた可能性が少しずつ低くなると思います。

サブスク婚活 料金